独身時代の利潤のやり方と婚礼後の利潤のやり方の不等。将来の為に父親と話し合いをしっかりし利潤について位置付けることが大事。

ボクは20年でアダルトとなったが2カテゴリーで終わり、そのあとは旅館や山小屋、アウトドアディーラー、お子さん衣裳ディーラーなどと様々な日雇いを経験した。独身だったので、稼いだ利益は全て自前。マッチに使い切ろうが全て預金にまわそうが権利。独り身の最大のポイントのように今は想う。アダルト1カテゴリー視線のときは財産の半ば限りを預金にまわしていたが、就業にスペースがでてきた2カテゴリー視線やその他の日雇いの財産は預金値段よりマッチに扱うことが増えた。結婚してからボクが暮らしを管理するようになり、ダディーと課題しながら何にいくら使ってどれくらい預金するか決めてきた。ダディーも独り身のときは好みにお金を使うやつだった結果、あまり預金を持っていなかったが、所帯を有する結果、将来のことを考えてしっかり預金をできるように頑張っていこうというはなしになった。お互いの自由に使える利益は決められたおお金と独身時代に貯めたそれぞれの預金のみ。結婚という幸せのスタートのように映ることが権利の特別が陥ることは想像するより苦しい賜物だった。けど、一生をより良いものにするには辛抱が必要であり、一生利益に困らないように目下しっかり利益のことを感じるのが大事なのである。有名人や美容関係者、スポーツ選手も続々と飲んでいます!